かおを上げて歩きたい。

2019年02月

2018年2月15日
ブログを始めた日。

まだ離婚してなかった、まだ退職してなかった。
ほとんど決まっていたけど、引き返すこともできた。
でも、退職したし離婚した。
その結果、引越して転職した。

誰にもその迷いや決意を伝えてなかった。
決めるまでの過程でも相談してなかった。

ずるずると先延ばしにしそうな自分を奮い立たせようと、言葉にした。
自分の手持ちの日記等に書くだけでは、結局三日坊主になりかねなかった。
だから、ブログにした。
いろいろ拙いところはあるけれど、他人の目があるからこそ
ちゃんと自分と向き合って、その時々の思いや感情を見つめてこれた。
ブログで綴ったのは、自分にとっては良い選択だったと思っている。

改めて読み直してみた。
この現実を引き起こした要因『自分の性格』(なくす理由①

本当に全く変化ない。
離婚して、それを背景にして更に拗らせている気もする。
『素直に可愛く生きたい』と思うのに、全然ダメ。

可愛いって良いな、素直って良いな。

どうやったら、そんな風に生きられるんだろう。
ああ。そうできたら何も持っていなくても笑っていられるような気がする。

まずは何をしたらいいのだろう。分からない。
一日寝ても、好きな本を読んでも、美味しいものを食べても、面白いTVを観ても、分からない。

いつもの2月の空と樹。
2月の空
イベント用のイルミネーションライトが設置されかけている樹。
バレンタインが済んだら、撤去された。
来月になれば、芽吹いていくんだろうな。
目に見えて春めいていくんだろうな。

それに私はすぐに気が付くんだろうか。
空を見上げているのか、下を向いたまま歩いているのか。
もう2月も半ば過ぎ、3月ももうすぐ。
たった2週間後の自分が想像できずに困っている。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさまランキング

読んでいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
更新の励みになります。

ブログの更新ができないくらい、落ち込んだまま浮上できず
気分転換の旅行は楽しんだけれど、心の片隅に虚しさを抱えたまま。
他人の朗報に胃が軋む、そんな真冬の日々。
毎月写真に撮っていたはずの空も、2月になってからは撮ることすら忘れていた。
下を向いて歩いていたんだと思う。
その事にも気が付いていなかった。

ダイエットもどこ吹く風。
凹んだままの気持ちで、慣れつつある仕事(5か月目ともなれば、できて当然。積極性を問われる)でも、躓いてため息がでる。

離婚から1年足らず。
今の職場は円満家庭が多く、離婚経験者も子どもがいたり孫がいたり、そばに家族がいる人ばかり。
そんな人たちに囲まれると、自分の事は話しにくい。
まだ、話す気にもならないけれど。

長年の友人とすら、付き合いに距離を置いているのに
職場の人と密に付き合うのは、今はとてもじゃないが無理。
でも、今の職場は良い意味でも職務外のイベントが多い。
今のところ、全部断ってる。

それがすべての原因。
打ち解けない。ノリ/付き合いが悪い。そこにまだまだ仕事に慣れていない事が加わるから、不愉快に思う人もいるようで、産まれて初めてかもと思うくらいのあからさまな嫌がらせをされた。
明らかに私にだけ。
口調も態度も差をつけてる。
少し立場/部署的に距離がある人がその様子を見て「よく辞めないね」というくらい。
あからさまに態度に出す性格は、周囲に知れ渡っていて
とにかく良い気分でいてもらうことが大事な人だから。
皆、持ち上げて持ち上げて、そうすれば楽しい雰囲気が保てるから、その人に何か言う人はいない。
仕事に慣れることにいっぱいいっぱいだけど、嫌がらせに気が付いていないわけではない。
気が付いていないフリをしてるけど。

特殊事情で、その上の上席には相談できず。
というより、会社全体がイベント大好きだから不参加の方が「悪」ではある。


そんな中、知人たちの朗報が聞こえてきて、笑って祝っているけど、心が悲鳴をあげそうになっている。
羨んでいるけど、本当に喜んでる。
けど、自分だってそういうしあわせが欲しい。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさまランキング

読んでいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
更新の励みになります。

このページのトップヘ