かおを上げて歩きたい。

2018年04月

離婚届の用意が終わった後は、私物を渡して以来、元旦那には会ってない。
(今の住居にはもう元旦那私物はない)

実家付近に私が引越するまでは、今までの住所に私が一人住まい。
ま、それより前から元旦那は自分の実家に帰っていて一人だったけれど。

引越するまでは、家賃だけは元旦那負担。
賃貸契約は元旦那名義だし。
光熱費は元々私口座。水道代は振り込み。

離婚したら、元旦那には転居手続きが必要。郵便の転送も。
それも話の中で確認済。
私は自分の事だけ着々と手続き中。

そんな時、義実家から私へ連絡があった。

『〇〇について何か知ってる?書類はどこ?』

私で対応できるような内容ではない。
必要な物は渡してるし話してる。
本人に聞いてほしい。

『よくわからんって言うし。曖昧で心配だから』

本人にお願いします、と言うと

『旅行にいって帰って来てない』

離婚届に記載した後、「また」どこかに行ったらしい。
目的地を決めず、期間も決めずという計画しない気まま旅らしい。
※現在無職(以前の旅行について
まだ、元旦那宛の書類などが届く。
まとめて後で送りつける予定。

離婚届けを出す前の日、私は言葉では言い表せない混在した感情で吐きそうにもなっていた。
今もふとした瞬間に、不安でいっぱいになって激しく動揺する日々を送っている。

それなのに・・・

こうして思いついたときに文字にしないと、落ち着かない。
一瞬の感情を人にぶつけてしまいそう。
前も同じことを綴っている
まだまだ、私はこんな感じ。

今日は2度目のブログ。
夜中の感情の吐き出しは、まだ削除できない。自分の中で消化できていない。

誰にも言えないから、ただただ文字にする。
言葉遣いとか文脈とか、確認する余裕もない。
こんな日がまだまだ続きそうな気がする。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村


おひとりさまランキング

読んでいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
更新の励みになります。

眠れないので、書き綴る。
もしかしたら、後で記事自体削除するかも。

離婚の経緯(ブログでは省いた詳細や濁していること全て)を
信頼しているちょっと年上の知人に打ち明けた。
離婚については全く匂わせてなかったけど
義実家の事などは割と詳しく話をしていた。

繊細な気質の為に気苦労は日々あるけれど、満たされている人。
価値観・感覚も似ている。
ふとしたことで知り合って長年の知り合い。
お互いの愚痴を言いあってきた。

全面的に賛同してくれて、応援してくれたけれど
言い方に傷ついてしまった。
悪気はなく善意/思いやりからくる言葉とわかっているから、私も何も言えなかった。

『結局、愛は無かったのよ』
前後の文脈から元々なかった(初めから機能不全夫婦だった)ニュアンスが濃くて
結婚生活の全てを否定されたようで辛かった。
「その時に離婚を決めたんだね(愛がなくなったんだね)」という方が救われた。

飲食店の個室で横並びに座って、何時間も話をした。
その際、今まで感じなかった・気が付かなかった手ぶりに気が付いた。
何か話すときに人を差している。
肘は上がってなく自分の胸の位置で人差し指が良く動いている。
だけど、その指先はピンと伸びで隣の私の顔を指している。

話している内容とはまるで関係ないので、本当に癖なんだと分かったけど
何時間も(食事などで手がふさがっている時を除き)ずっと顔に圧のようなものを感じていた。

言葉と無関係な指の動きなので、話している内容には何も思わないけれど
顔の皮膚がザワザワして、何時間経っても落ち着かない。
人に指を指されるって気持ち悪い。
話を聞いてもらったのに、何か気が滅入る。

ここでも可愛くない私が現れる。
「以前からそういった癖ありましたっけ~」と軽い感じで言えば
気を使ってくれる人とわかっているのに、言わなかった。

『無職・離婚したから、神経質になっている・弱っている』

そう思われるのが嫌なんだと思う。
応援は良いけれど、憐れみを受けたくない、という本音がある。

話せたことは良かったし、やっぱり良い人だと思う。

でも、ブログに乗せていない諸事情(離婚に至る様々/元旦那の有責詳細など)は
どんなに「離婚致し方なし」「原因は元旦那」の事情が明確に伝わるとしても、言わないほうが良かった。
決めて動いたことについて第三者から自分の想定外の言葉を言われると、ダメージが大きい。

話すことではなかったな。
(この知人相手ですらこういう感情になるのだからと、妙に自分で腑に落ちている)


落ち着かず、眠れない。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村


おひとりさまランキング

読んでいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
更新の励みになります。

翌日(今日)その書類が届いた。
特に提出が必要とされるようなものでなく
「姓が変わりましたねー、保険証の変更が必要なのでそれ持って来てくださいねー」
と書いてあるだけのものだった。
それなら、昨日電話した時に市役所に行けばすぐ手続きできたんじゃないかしら・・・
ま、急いでもないし時間もあるから良いけれど。

届けを出した元本籍地市役所からも書類が届いた。
「〇〇(夫)さんと◎◎(私)さんは離婚しましたよ。間違ってないですかー。勝手に届け出されてませんかー」と書かれた1枚きりの書面。
虚偽の届け出などの事件が多発しているのでと文面にあり。
こういう書類があるって初めて知った。
地域や状況によるの?それとも必ず発送されるのだろうか。

・国保
⇒書面があったからかどうかは分からないけれど、ものの5分で変更終了。
・マイナンバー(通知カード)
⇒これもそんなに待たずに変更完了。カード自体は作成に1か月程度を要するため、引越後が良いのではとの職員さんのアドバイス有。以前から作っておこうと思っていたので、引越し後に続く。
・免許証
⇒住民票を持って行き、その場で即変更終了。
・ハローワーク
⇒登録の姓変更。銀行口座は変更後(旧姓)の口座でなければ振り込みができないとの説明有。手続き自体は10分程度で済み。
説明会/認定日の時でも良かったみたい。ただ、そういった日は人が多くて待ち時間が長そうだったので別日にした。
※雇用保険受給資格者証・旧姓の印鑑は持っていくことは事前に電話で問い合わせ済。
(旧姓のままにしていた口座があって楽で良かった。旧姓の印鑑もずっと持っていた)

銀行口座とクレジットカードの変更をしなきゃ。
引落の兼ね合いがあるから、少しずつ。
他に何があるかな。
結構忘れていることがありそうだな。

なかなか終わらないわー。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村


おひとりさまランキング

読んでいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
更新の励みになります。

現住所の市役所に確認。
既に通達は受けていて、離婚を確認しているとのこと。
同じ県内だから思ったよりも早かった。

一度手続きをした後の離婚の為、名義変更が必要になる。
どういった手続きとなるかを確認した。

・年金
⇒第1号被保険者の為(会社員でないから)自動的に名字は変更されるとのこと。私自身で行う手続きは特になし。気になるのであれば、日をおいて年金事務所に確認するのが良いみたい。
・保険
⇒退職後に任意継続でなく国保へ希望を出していた。確認すると、名字変更について既に現住所市役所から私まで問い合わせ通知が郵送されているとのこと。届いたらそれを持って市役所で手続きすれば良いとの説明。

住民票を用意して、免許証とマイナンバーの変更をしなくては。
(※正確に言うと通知カード。マイナンバーカード申請はしてない)
ハローワーク関連も姓変更の手続きについて、確認が要る。
説明会 or 認定日の時でいいのかな。
生命保険の姓変更と受取人変更も(担当の方にアポ取済)
銀行口座やクレジットカードは徐々に。

パスポートはしばらくは使用予定も無いし
引越後に落ち着いたら再度本籍地を移したいと思っているので
(このために他にも余計な手続きが増えるとわかっているけど)
引越後に手続きするつもり。


色々と結婚前の私に戻りつつあることを実感している。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村


おひとりさまランキング

読んでいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
更新の励みになります。

離婚届け提出。

本籍地がある旦那実家の市役所(現住所と同県内)に行ってきた。
居住している市でも構わないけど
必要な書類が別途1つ要るらしい(詳細は調べてない)

観光地でもなく、通り過ぎる可能性もない場所だから
この地を訪れるのは最後と思って、ここでと決めていた。
閑散としている市役所で、待つことなく手続き。

まー、誤記が多かった。
・夫婦の名字の文字が異なってはいけない。
⇒特段珍しくもない名字だけど、戸籍上は特殊な文字使用(夫は常に使用していた)私がそれを忘れて常用の字体を使用。
・住所の数字表記は本籍書類に基づく。
⇒表記通りでないとダメ(漢数字とアラビア数字が混合で違和感あった)「番地」と「番」の表記区別。
・住所は県から書きましょう。

適当に書いたつもりはないのに、やっぱり動揺していたのかな。
二重取消線で訂正可。訂正印は特に不要と言われた。書類には捨て印は必要。

旧姓に戻ること。本籍は別に作ることを希望。
その希望地へ可能かどうかの確認を市役所職員の方が問い合わせ確認。
OKとのこと。
同県内でも別の市であれば郵送連絡となる為、数日間必要。
現住所での手続きは数日後となるとの説明有。

30分くらいかかったかも。
はい、誤記が多すぎでした。職員さん、お手数をおかけしました。

その街を少し歩く。
ずっと空き店舗だったところにオムライスがメインのお店ができていた。
廃れた純喫茶のような外観だったけど
入ると今流行りのインダストリアル風インテリアだった。
メニューも豊富で美味しかった。
いい思い出になった。

電車で行ったのだけれど、帰りは思い立って途中下車。
快晴の下、とある街をブラブラ。
途中下車
この樹が道沿いに並んでいて華やかだった。
名前がわからない。
たくさん咲いていて頭をもたげるように枝が下がり気味になっていた。
そのことが印象に残る。


無職、離婚してひとりぼっち。


大きく動くのはGW明けを予定。
悠長だなと自分でも思う。そんなに余裕はないのに。


でも、今の自分にはこれが精一杯。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
読んでいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
更新の励みになります。

諸手続きは平日でないと難しいし、ジムは土日は人が多そうだから行ってない。

初夏の晴天の日々。
時間があるならもっと楽しく過ごせるだろうに、それはできてない。
心や身体が疲れているんだと、自分を納得させている。

家事以外の時間、おひとりさまの過ごし方には慣れているし、平気。
むしろ今は一人の方が良い。
ただ、後でもったいなかったと自己嫌悪に陥るのが嫌。

重い重い腰を上げて、衣更えを敢行。
大きなゴミ袋2つ分の洋服を処分。
あまり着てないから、と数年眠っていた服たち。
多分これからも着ないから、これで良かったんだと思う。
スッキリして気持ちいい。

バッグはフリマサイトで売ろうかなと思うものがある。
サイト未経験だから、やっぱり腰が重い。
本はある程度溜まったらよく売っているし
服飾雑貨は以前はYahooオークションで対応していたけど、さてどうしようかな。
アクセサリーもどうしようか。

古いブーツなど、まだまだ捨てるものもある。
時間はあるから、引越作業までにさっぱりさせておきたい。

●手続き・引越&ジム関連以外でのやる事メモ
①不用品処分
②引越後に行きにくい土地へ行っておく

②については、具体的に見たいところ2か所がある。別々の県だから、迷うところ。
日帰りで行けそうだし(この時のことを考えたら大丈夫そう)
GW期間を外して考えよう。

やり切るとやっぱり良い。
使い古したのを処分したから、夏に向けてバッグが欲しいとか考えていたけど
バッグの衣更えをしたら、去年買ったものが。
ネットで値引額のお得さに迷っていたけど、取り合えずは一旦無し。


気持ち的にも晴天の日。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
読んでいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
更新の励みになります。


離職票が届いた。
年金・保険とハローワーク(失業保険)手続きはひとまず終わり。
ハローワーク説明会は来週予定。

離婚届け提出後の手続きの方が良かったのかもしれないけど
こればかりはどうしようもない。
二度手間になるけど。

退職関連でランチ会は何度かあった。
今後も送別会の予定はあるけれど、それ以外はジムだけが確定。
時間があることを実感している。
減量中で糖質制限を頑張っている分、食事はタンパク質中心でこまめに調理をしている。
仕事中だったらちょっと無理だったかも。

ただ、ジム通いと日常の家事のみで後は寝ていることが多い。

綺麗好きなので、散らかっているのはストレス。
出かける時にはきっちり片付いた状態でないと、落ち着かない性質。
部屋は綺麗だしご飯は食べてる。
減量が必要なくらいからだから、やつれてもない。
予定があると、しっかり参加。
必要な手続きは抜かり無し。

でも
実際は全く力が出ない。
ジムにやっと出かけてる状態。ジムがなかったら1日自宅にこもりきりになると思う。

予定が無い事が平和。
ずっと寝ていたい。
今までになく、眠くてよく眠れている。

年齢なのか、食事制限が原因なのか、疲れが溜まっていたのか。
離婚届けを提出したら、どうなるんだろう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
読んでいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
更新の励みになります。

今年に入ってから急展開。
元々、そこに向かっていたけれど勢いで今こうなった。
冷静に今後を考えての判断。
そう思っているけれど、自分に自信がないから(何も持っていないから)
どこか目を逸らしたまま、向き合えないまま
明日になる。

明日から無職。
数日後には離婚届けを出す。

来週は諸手続きに奔走する日々になるんだろうな。
時間だけはあるから忙しくはないだろうけど。

何も持っていない40代。
弱い弱い存在だなと思う。どうなるのか不安。

引越は当面未定。
実家に帰省して報告後だけれども、報告自体GW明け予定。

どんどん減っていく限りある資金
ぜんぜん減っていかない計画倒れの減量

自分の人生だから自分の責任。自分次第。
わかっているけど、今は力が入らない。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
読んでいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
更新の励みになります。

不安な時や落ち着きたい時、気分転換したい時には
美味しいものを食べて元気になってた。
けど、いつになく本格的な減量中。
何も食べない。食べる気もあんまりしない。

無料配信を時々利用している。
いろんな形の無料配信で何度も何度も何度もこれを観てる。
(最初は別だったけど、今はAmazonプライム会員での視聴)



※『夏・秋』⇒『冬・春』の順番。原作の漫画もあるらしいけれど未読。

丁寧で無駄のない食事
憧れる調理風景
季節の中で過ごすこと
根底にある綺麗ごとではない現実
人と自然と向き合って暮らす人たち

『自分が読む本くらい自分で探しなさい』
好きな言葉。

農家を営む人たちの季節・気候と共存した生活。
自分はできないと分かっているけれども、できたらきっとしあわせなんだろうなと。
ずっと地元で暮らすことの最たる生き方があるなと思う。

旦那の親族を思い出す。
私は同じ生活はできないと思っていたけど、地域の事に一生懸命な人たちだった。
話を聞くのはとても楽しくて好きだった。

『一番大事なところから目を逸らしてて、それをごまかす為に自分をだます為に、その場その場を一生懸命で取り繕っている気がするよ。ホントは逃げてるんじゃないの』
自分以外はこの地で生きる事を受け止めている。
だからこそ、その地で生きる事を楽しんでいる。
主人公はそう思う。

私も思う。
私はどうしたいんだろう。
何度も観ながらいつも思っている。

『人のずるいところがわかるのは自分にも同じ心があるからだ。図体ばかりでかくなって情けない』
おじいちゃんが仕事を愚痴る孫に怒る時の言葉。
この時の孫の表情がいい。言われたら私もきっと同じ顔になると思う。

『螺旋』の話がでてくる。
そうだねと、今だからこそまたそう思う。


多分これからも何度も観る。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
読んでいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
更新の励みになります。

ダメだ。
春の華やかな空気の中で、何もできない。
時間はあるのに。
この地にいるこの限りある自由な時間を自分の為に丁寧に過ごしたいのに。
気持ちが安定しない。
一般的なニュース報道やネット記事の自身に関係のない事にまで涙、涙。

根底にあるのは、不安。
でも、それ以上に人目ばかりを気にしている感情がある。
離婚率・未婚率が年々高くなっているとは聞くけれど
私の周囲にはほぼいない。

・実家地元友人⇒夫婦どちらかの実家近くに家を建て子どもがいる人がほとんど。独身者は県外都市圏で生活を満喫。
・大学時代の友人(ゼミ)⇒皆、自分の地元からは離れている。子どもがいて専業主婦多め。
・大学時代の友人(サークル)⇒配偶者が公務員多め。それぞれ地元で生活している。
・社会人になってからの友人(前職時)⇒旦那親との同居多い。子どもも既に大きい。しっかり働く主婦たち。
・現在住む地での友人⇒子どもがいない人も多いが、親兄弟は近くにいる。

子どもができなかった私(旦那不妊)
自分たちの家を建てる事もなかった私(旦那実家の意向。旦那も強く動かず)

離婚して退職して、何も持たずに実家近くに帰る。
友人へ向けた、自分の感情を取り繕う言葉を今から探している。
『気が晴れた』そういった言葉を空回りするくらい重ねてしまいそう。

『かわいそう。気の毒。これからどうするんだろう』
そう思われる自分に向き合えない。
自虐的なのか、卑下しすぎなのか、友人を信用していないのか。
多分、ただただ妬んでいるだけ。僻んでいるだけ。

私の中の可愛げのなさが加速して増幅している。
生きづらい性格のまま、離婚後の生活を送ることは避けたい。
いろいろと経験したからこその私でありたい。

何よりも、私が変わることなのが必要なのだと分かってる。
でも、やっと離婚が明確になって疲れている。
そんな身にはちょっとしんどい。

ケーキ
いつの日かのケーキ。
引越して来てから間もなく見つけたお店。
町の規模に比べてケーキ屋が多い気がするなかでも一番のお気に入りの店。
どれもが美味しい、特にシュークリーム(写真右下)

パン
いつの日かのパン。
外観が貧相すぎて(失礼すぎるけれど)立ち寄ることもなかったお店。
引越するし試しに入店してびっくり。
狭いお店だけど種類も多く、どれも美味しそうだった。
特にこの卵サンドがお気に入り。

今は減量中なので、ケーキもパンも我慢。
引越する前にはもう一度ぜひ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
読んでいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
更新の励みになります。

このページのトップヘ