かおを上げて歩きたい。

2018年02月

まだ誰にも伝えてない。
私と旦那と旦那周囲だけの話。

だからかなブログに書くと長くなる。
書きすぎか。
感情を言葉にしないと消化できないみたい。
先の記事、いつか文章変えるだろうな。

リアルでは詳しく話すことはないと思う。
その立場じゃないと、結局わからないと思うし。
私が知らない痛みや苦しみを抱えて,
様々を人は乗り越えているんだろうと思ってる。
結局、私の弱さなのかと。


うしなう予定もの
① 旦那
旦那や旦那親にも思うところはあるけれど
決断した理由は「旦那親の借金」

旦那親の借金の金額は教えてもらってない。
旦那も初耳ではあったらしい。
でも、その為に親元で生きていく、仕事は辞めた。
旦那実家から出勤しやすいところに転職予定と相談なしに断言されたときに、何だか諦めの境地になった。


夫婦ってなに。


集まった親族に言われた「まあ。こういう事もあるよ」

そうだね。こういう事もあるね。
まわり道。貴重な経験。むだな時間。人生勉強。


他の親族が言ってた「○○(旦那)が本当に情けない。私の娘が同じ立場だったら直ぐに帰らす」

旦那親や旦那や煩い旦那叔母は、きまり悪そうに下向いてた。
私には何も言わなかったけど。



結局なんなの。
ずっと一緒にいられなかった理由。


言葉にできない何かが堂々めぐる。

疲れたー。
今日休みを取っていてよかった。

ここ最近の癒しはこれ。
サッポロ はちみつ男梅サワー 350ml×24本【ご注文は2ケースまで1個口配送可能です】
サッポロ はちみつ男梅サワー 350ml×24本【ご注文は2ケースまで1個口配送可能です】

サッポロ 男梅サワー 350ml×24本【ご注文は2ケースまで同梱可能です】
サッポロ 男梅サワー 350ml×24本【ご注文は2ケースまで同梱可能です】
こちらもスッキリしていいけれど、甘めな方が今のお気に入り。

オリンピックのハイライトとお気に入りのドラマ配信を見ながら、まったり。
競技者の方々、支えた周囲の方々
お疲れさまでした。
この経験がこれからのしあわせに繋がっていますように。
ああ、皆さんとても美しかった。

私の経験はこれからのしあわせに繋がっていくのだろうか。


うしなう予定もの
① 旦那
旦那実家とも私の実家とも離れたところで出会った。
真面目で穏やかでおとなしい人。
良くも悪くも真正面からぶつかって、付き合う人と結婚までいたらなかった私は
一緒にいてもずっと情緒安定していて平和だった。
ああ、なるほど結婚相手とはこんな人なんだなぁと決めた。
問題はなかった。
でも、旦那親に病気が判明して近くまで戻る事になった。
介護が必要な症状ではなかった。
仕事理由で同居にはならなかった。まぁそれも遺恨を残す事になったけど。

そこで旦那は変わってしまった。
いや、それが本来の姿だったんだよね。

大変な強固な根の深い、親からのスポイル。
その時から旦那に意思はなくなった。
全ては旦那親の意向確認。親の答えが正解。可否も是非も夫婦ではなく、旦那実家にある。

世の中にはいろんな人がいると知っている。
旦那親も善良で悪い人ではないけれど、
70年以上同じ地で親族と何世代にもわたる近隣だけでの付き合いから培われる考え方には同調できない事も多かった。

女性の大学進学・正社員での昇格や男性と同等の給料。
家族での海外旅行。
その程度としか思えない、一般的な人生の、生活の選択。
「贅沢」なんですって。びっくりした。言わなかったけど。

ガッツリ働いたからこそ、両親も(私たち姉弟が独身だった時には一緒に)旅行してるんですけどね。今は夫婦で。
上世代の介護も終わってる、金銭的にも計画的に生きているのに。
自分の事よりも親の事を言われるのが、一番苦しかった。

実親より旦那の親だと思うから、できる限りの事をし、時間を使い接してきた。
一人一人話していると、本当に普通の善良な人なのに。
大勢となると途端に、豹変した思考になる。
嫌いでも苦手でもない。でも、好きにも積極的にもなれない。
離婚原因はこれだけではないけれど、私には大きかった。

2/25(日) 話し合い。

離婚予定は親族間では周知となった。
仕事都合と、とある理由と諸手続きの為、届はまだ。

悪い人たちではないと改めて思う。

ただ、私と同世代の引きこもり子を持つ旦那叔母。
本人も周囲と金銭トラブルを抱えてる。
その人が一番下世話な興味むき出しだった。

まずは自分の家庭を、40過ぎの子を70代が食わせている現実を見ようよ。言わなかったけど。
自分の姿は見えないのか、目をふさぐのか。


私も同じではと思うと、怖い。


ひさびさに休日一日外出してた。

行き先は新卒就職で10年近く住んだ街。
多少の部署移動はあったけれど、その街で20代を過ごした。
実家地域とも違う、大学生活を送った土地とも違う、とある地方の県庁所在地。

車を持たない時期だったから(車は30過ぎに仕事理由で実家地域に戻った時に所有し、今はまた持っていない)自転車圏内が行動範囲。
誰かといる時間も多かったから、車でも色々出かけたけど。
やたら女子会(この言葉はまだ無かった)ランチ会。食べ物屋だけは、詳しかったなあ。
キャンプなどのアウトドアもこのころの経験。

時々、その街を歩く事がある。
わざわざ電車で1時間もかけて行き、駅を降りて歩く。
特に目的もないけれど。
今日もそう。

定番の大きな本屋に行って、好きなパン屋に寄り、雑貨店をうろつく。
駅からの徒歩圏内を行ったり来たり。
わざわざ事前に商業誌やネットで新しい店も探さないし、予約もしない。
女子会ランチ会を頻繁にしていた時は、同時に雑貨も欲しがっていたけれど、今はどちらもそうでもない。

私がその街を離れてから、急激に発展したように思う。
中心部駅の表側ではない方。

綺麗な低層賃貸マンションや高層分譲マンションがどんどん増えている。
それに伴い街並みが変わり、妙にさっぱりしている。
路地裏の雰囲気の面影はない。

高齢店主の店は今ではシャッターが閉まり、あの時からは年を取ったオーナーが今も同じに店を守ってもいる。
通りすがりにその姿を確認する。
元気な姿にほっとする。
覚えているのは私だけ。
でも、嬉しい。

マンションが建って住人が増えたためか、
小さなカフェやこだわりの一人店主の飲食店が驚くほど増えていた。

店舗の外観に個性ががありすぎて、一見さんにはハードルが高そうな気もしたけど
中をのぞき込んだりメニューをじっくり観察して、とある店に飛び込み。

大当たり。

知り合いばかりのお客さんで、一人店主は楽しそうに話しながらも忙しそうだったけど
全く関係ない私はそれくらい放っておかれて、いい感じ。
10席もないような狭い店だったけど、十分。
ご飯おいしかった。
タイ料理。今まで食べた中でも一番なくらい私にあう味。

住んでいたころ同じタイ料理の店があった。
店名は似てる。店主はもちろん違う人。
あの時は辛くて香草が苦手で特定のメニューしか食べられなかった(それがおいしくて通ってた)
今ではモリモリ食べられる。
私も変わっている。

気になる店も色々見つけた。
今度行く時の楽しみにしよう。
めぼしい本には出会えなかったけど、おいしいご飯に大満足。


こういう時間がずっと続きますように。




オリンピック真っ只中。

全くスポーツはやらないけれど、TV観戦は好き。
オリンピックもウィンブルドンも世界陸上も水泳も見られるときにはずっと見てる。

一瞬にかける。
長い長い年月の過酷な試練と絶え間ない努力。

わたしにはできない。頑張れない。
努力し続ける事ができるってそれだけで才能だなとも思ってる。
スポーツだけではなくて、全てに対して。

ある程度は手に入れたものもああるけれど、惜しい結果もたくさんあった。
踏ん張れない。
仕事を辞めるのもそんな感じ。
残念でもこんなものと満足しているいつも。
それで良かったし。

今回の金メダリストのコメント。
引き換えたものの大きさが垣間見える。
そして、「一番しあわせ」と。
紛れもない自分で得たしあわせ。

凄いです、結果だけではない、その過程が。

メダリストでなくてもその場に立つ、日の丸をつけたその姿がささる。
何位であってもそこに立つまでを思うと、ただただ眩しい。
お疲れさまでした。
これからの競技者の方々、自分の為に実力が出せるように祈っています。

で、私。
なんで頑張れないかな。
情けないなと思う。

何を頑張ろうか。
わかっている事もあるけれど、今はその気がでない。
危機感がない事が一番の不安要素。

今度の日曜日に、旦那実家で話し合いがあります。
さ、何が決まってどうなるのか。









今日、仕事は休み
デスクワークだけれど、現場不定休の営業補佐(かなり端折ってます)の為
土日はどちらかのみ休みで、平日のどこかで休み。

辞める理由の一つでもあるけれど本当に疲れている。単に仕事だけで。
だから休みの日にはあまり出かけたくない。

旦那(離婚はまだ)は、今日も安定の実家詣出。
以前は私も週一ペースで行っていた事もあるけれど、今はない。
やるべき事はやるし、その時には夫の実家にも行ってる。

自分のペースでボーっとできる事がしあわせ。
天気が良いから洗濯をして、簡単に掃除をして、いつもの作り置きおかずを作って
明日からの日々に備える。
早めに済ませて、あとは自分時間。
ブログの設定を変えてみるとか考えていたけど、ボーっとテレビを見て少しうたた寝をした。

起きるとまだ外は明るくて、なんだか得した感じ。
旦那はご飯は実家で食べて、明日はそこから仕事らしい。
このところのルーティーン。
私の時間が増えた。嬉しい。

ほうじ茶とお菓子でまったり。幸せ。
ずっと緑茶か紅茶だったけれどある本を読んで、夜はほうじ茶に切り替えてみた。
結構、落ち着く。
知らなかった。




これ。
TVで紹介されていて、店頭で見かけて即買い。
帯で作家の方がコメント寄せているんだけれど
「心に壁を作らない生き方が羨ましくてたまらない」という言葉がささる。

わたしも羨ましい。

結局は自分が選んだ結果だからねぇ。
すべては自分の性格だと思っている。

言葉にしやすいから、悪い点をあげるとキリがない。
①感情的(我慢ができない)
②最初の人当りは良い。
③深く付き合うのが面倒。
④一人でいる事が好きだが、特に深くも考えていないので、底が浅い。
⑤根性がありそうに見えて、自立しているように見えて、何よりも理解を欲しがっている。
⑥金じゃない、称賛でない、「ありがとう」「がんばってるね」で生きていけるのに、それがないと拗ねる。
⑦割と口だけ。本番に弱い。
⑧何事にもタイミングが悪い。

本当に面倒くさい女。
でも、結構地道に頑張るんだよ。当然の事とはいえ、時間やマナーは凄く気にする。

でも、でも、でも
愛嬌や愛想の方が大切なんだよね。
遅刻をしても許される人もいる。
早く出勤する私は褒めてほしいとは思わないけど、遅刻することをスルーされるのを見ても笑えない。

気にするな。
って言われるけれど、自分の心にずーーーーんと溜まる。

こんなことばかり気になってしまう。
その割に知人・友人にはロクに連絡しない。
職場の人とも特に関わらない。
気になるくせに。

こんな感じ。こんな素直じゃないところが一番かわいくない。
⑨大丈夫な感じを出す。可愛げがない。

素直に可愛くいきたい。

生きづらい性格。本当に思う。

いろいろなくす、その根底にはこの性格があると思う。
100%は否定しない。私にも良い所はあると思ってる。
でも「素直」に生きていきたい。

かわいくない、私。



時間がある時に、ブログ書く気力がある時に書いておこう。

この春にうしなう予定のもの。
① 旦那
② 仕事
③ 人間関係
④ 体重

④だけポジティブ。
結婚生活と仕事で、かな~り体重が増えた。減らしたい。体重は書いたらドン引きされます。
マジで。
結婚も仕事も悪くない、私自身が原因です。

増えた体重のせいで昔の知人に会わなくなった。
体重が減ったら③で減った分が別のところで取り戻せるかな。

あ、⑤ 金
これがあった。ある意味これが一番大きいな。
①②でかなり今後減るし。
④を頑張るために使用金額は減らない・・・な。

40半ばの特に取り柄がない、色々問題を抱えている(別の時に綴る予定)私。
分かってるけど、かなり危険だ。

分かっているから、今はやる気も出ない。
部屋でぼーーーーっとしてるのが一番幸せ。


ブログは10年以上前に数年経験した、40半ば女です。

この春にな~んにも失くす予定なので、
これまでの思いやこれからの迷いを書いていく予定。

リアルにはとても口に出せない。
自分のプライドや相手がある事だし、心配してくれる人も一人二人いるし。

自分の選択の結果。
少なからず自分の性格に端を発する結果。
思いがけない出来事に向き合った結果。

もっと普通だったはず。
それなりに色々頑張ったし、乗り越えたはずなのに。
内部から外部から崩れちゃったな。

実家から遠く離れた、ほとんど知らない地域でたった一人になる予定。
さ、どう生きるかな。

●免責事項●
当ブログのすべてのコンテンツ・情報につきましては、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。
リンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。自己責任としてご了承ください。
本免責事項、および、当ブログに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

●外部リンク●
当ブログには外部サイトへのリンクが含まれています。
リンク先の安全性や信頼性を保証するものではありません。
リンク先のサイトで生じた問題について、管理人は一切の責任を負いかねます。自己責任としてご了承ください。

●掲載広告●
これらのアフィリエイトプログラム等によるリンク先の商品やサービス等は当ブログが管理運営しているものではありません。
商品の購入や使用等に際してのトラブルについては各店舗&サービス提供元にお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。

●広告配信とプライバシーポリシー●
当ブログではGoogleによる広告配信サービス「Google Adsense」を使用して広告掲載をしています。
また、Amazon.co.jpによる「Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する目的で、当サイトや他のサイトへのアクセスに関する情報を匿名のデータとしてCookieを使用しています。

当ブログは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。

修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。


●著作権●
当ブログに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

このページのトップヘ