春。いろいろなところで新しいことが始まっている。

通勤電車の中で、偶然聞こえてきた会話。
高校の同級生の男女。同じ市内の別々の専門学校に通っているらしい。
女の子が話す。
『むちゃくちゃヤバい。もう1週間経つのに友達が一人もできない。同じ学校の子もいるけど科が違うし、同じクラスでは昼ご飯一緒に食べる人達はできたけど、それぞれに仲が良い人がいるし。めっちゃヤバい。専門学校生活終わったかもー』
ごくごく普通の可愛い子。優し気な口調で話すけど、とっても不安そう。
男の子が話す。
『俺もー。でも男ってそこまで気にせんかなー。それにしても〇〇(女の子のニックネームと思われる)って友達多そうだし、大丈夫だと思ってたけどな』
女の子『もう全然SNSしなくなった。他の学校行った子の楽しそうな姿ツライ』
男の子『あー、その気持ちはわかるよ。彼女とかできんのかなって心配にもなるし』
(※だいぶ省略)と、お互い不安を話してた。

本人たちはとても深刻だけど、40半ばの私にはとても微笑ましかった。
25年以上前、大学進学時に初めて実家遠くで一人暮らしを始めた私。
同じ高校からは別学部に数人いると聞いていたけど、元々関わりがなかったから、全くの一人。
同じ学年が2000人以上いるのに、知り合いも友達もゼロ。入学式が終わっても、新入生オリエンテーションが済んでも、アパートに帰ったら一人。
友達らしき人と一緒にいる人が羨ましかったなー。

でも、でも。
何とかなる。未だ付き合いを続けている友人もできた。あの4年間は本当に楽しかった。

だから、声を掛けたかったな。
『大丈夫。焦る事ないよ。今のその時間が楽しい日々に続くよ』

18歳かぁ。眩しいな。
できれば、戻りたい。


計画していた旅行がキャンセルになった。
実は今回は両親と行こうと計画をしていた。当日まで1週間を切ってキャンセルに。
父の体調を考慮した結果(病気ではなく怪我のようなもの。重篤でなく安静にしていれば良い話)
旅行は今でなくても良い。
それでも高齢である両親の事を考えると、そう遠くない時期にまた考えたい。

なのに、とても塞ぎ込んでしまう。
旅行のキャンセルが問題ではなくて、なんだか何もかも上手くいかない。
そう思ってしまう状況と自分の気持ちを持て余している。

『自分好き勝手な事をして、礼儀も思いやりも無い人達が、どうして何の苦労もなく楽しんでいるのか』
という、妬み嫉みが止まらない。
単なる八つ当たりだという事も自分でどうにかするしかない事も分かってる。

未来の私も思うのかな。
『あの時の私に大丈夫って伝えたい』
そんな未来になれば良いな。

春は色とりどりの花。本当にこの季節は華やかで良い。
花びら絨毯
木漏れ日と散った桜。日差しが暖かくて眩しい。
暑くなる前のこの時期は良いな。
花びら絨毯②
いつもの樹。
紅く色づいた秋と冬枯れの時期を経て、みずみずしい姿になった。
桜が終わると春も終わって、初夏になる。
4月の空③
桜色と若葉色と空色。
4月の空④

いつも同じことばかり綴っているな。
私だって、もう言いたくない。
言わなくてもいいように、前に進みたい。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさまランキング

読んでいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
更新の励みになります。