昨年9月以降、元旦那の動向は書かずにいた(詳細
でも、月に一度以上は元旦那の親戚等周囲から連絡があり、どこに居るか知らないか?と尋ねられていた。
知らないって、何度も言っているのに。

そんな1月のある日。
連絡があった。長い旅から戻ってきて、腰を据えて仕事を探す予定だと。
そこに行くまで色々あったよう。
元旦那両親はあたふたするだけで、実際行動したのは親戚や長い付き合いの近所の方々。
帰るまでの旅費が足りない時もその都度振り込んだのは、その人達。
帰ってきてからも様々な関係各所に手配したり、未納税金などのチェックもその人達。
元旦那は何もやらない。言われた通りにするだけ。
というより、動こうとしないから周囲が動いてる。

で、なぜ私が詳しいのか

『(元旦那)今まで誰にお世話になってる~?帰ってきたから連絡した方が良い人って誰~?』

という電話があったから。

目の前の元旦那に聞けよ。そんな話を平日の昼間の時間帯にしてくるなよ。
私は仕事中だ。
元旦那に聞くよりも信憑性があるらしい。
元旦那の元職場・元人間関係状況を一番把握していると思われているらしい。
でも、もう関係ない。
元旦那に聞いてください、とだけ言って話を終えた。

無事であったことは良かった。
でも、それ以上に思った。
・結局、周囲がお膳立てしてる。本人は(精神的に)辛かったと言いつつ、まず自分が向き合おうとしてない。迷惑かけた周囲への挨拶なんて、自分だけで動けよ。
・何だかんだ許されてる。働こうとしているだけで、凄い?健康な現役世代だろ、しかも人に借金までしている、働いて当然だ。
・様々な手続きや周囲への配慮。元旦那もその両親も一切積極的に動かない。離婚してなかったら、全部私の仕事だっただろうなー。

離婚してから、苦しかった。
後悔はしてないけど、その過程を自分のせいかと責めたり、自己嫌悪に陥って塞ぎ込んだり。今も頭を抱える日だってある。
なのに、元旦那はこんな感じ。
改めて、自分の決断は間違ってなかったと思えた。
高齢になったり、もっと様々な事が起こった時の二人で乗り越える姿が見えてこない。
何だか、私が元旦那の乗っているソリを必死で引っ張ってる画が思い浮かんだよ。

悪いことばかりじゃなかったはずだけど
考える事はもうこんな事ばかり。
無事だったことだし、これで完全に終わり!

結婚したことは間違いじゃないし、経験できて良かった。
これからの事は分からないけど、恋愛も結婚も避ける気持ちはない。
そんな気持ちになった。良い区切りだ。


ある日のカフェランチ。
玄米(お皿奥)プレート。でも、これじゃ足りないんだなー。
で、この後にロールケーキ食す。
堂島ランチ
ある日のカレーランチ。
メインは鰯のスープカレー。酸味と鰯の組み合わせが美味しい。
これに温かいチャイが付いてる。
カレーランチ

先日の休みは一歩も家から出なかった。
正月明け以降は出かけない休日がなかったから、本当にゆっくりできた。
そんな時間も優しくて良い。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさまランキング

読んでいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
更新の励みになります。