かおを上げて歩きたい。

2018年
40代半ば。この春から実家から遠く離れた地で無職・バツイチの予定。
何も持っていないおひとりさま。
実家近くに引っ越す事を検討中。まだ何も決まってません。決めてません。
さて、これからどうなることやら。
4月 退職・離婚しました。
7月 引越しました。新しい街での生活が始まる。
9月 40代の就活で迷走。
10月 新しい仕事が始まる。未経験業種&職種で奮闘中。

2019年
1月 未経験の仕事での試用期間終了。気を引き締めて臨戦中。
4月 人事異動で周囲環境が変わる。

日曜日の伊勢。
観光バスも列挙して押し寄せて、おはらい町&おかげ横丁は人・人・人。

手荷物が増えるのでお土産は帰る間際に駅近くで買おうと思っていたけど
ついつい買い食い&食べ歩き&ちょこちょこ買い物が進む進む。
伊勢おはらい通り①
おかげ横丁①
よくTV映像で見てた赤福本店。
赤福はもちろん今までに食べたことはあるけれど、この風景を実際に見る事ができてテンション上がった。
おかげ横丁②

1日目の夕食前には、『豚捨』 和牛の老舗でコロッケ&ミンチカツをテイクアウト
夜はホテルの和食レストランでご飯。
突き出し3種と写真はないけれど刺身盛りと梅酒
伊勢料理①
牡蠣雑炊と日本酒。
牡蠣の味がしっかりしていて、でもあっさりと食べられる。とても美味しかった。
伊勢料理②

2日目は朝食はホテルバイキング。
昼食は伊勢せきやさんのお茶屋『あそらの茶屋』
朝粥やあわび釜飯が有名。だけど食べ歩きも予定していたので、炊き込みご飯ランチ。
伊勢料理③

外宮&内宮を観光後、おかげ横丁&おはらい町にて食べて食べて歩く。
お団子専門店 みたらし団子『だんご屋』
分厚い卵焼き『やきもの泰二郎』
酒飲み比べ『伊勢萬 内宮前酒造場』一杯じゃない量を頂く
へんば餅『へんばや商店』
他にも鶏のから揚げなども食べたなー。

夕食は通りかかりに見つけた和食屋へ。
コースやセットではなく単品注文。
伊勢名物の手ごね寿司※赤身のカツオやマグロなどを漬けにして、酢飯に合わせた寿司
伊勢料理④
松坂牛のハンバーグ。肉の味が濃くて美味しかった。
単に食べたかった伊勢マグロのユッケ。
伊勢料理⑤
伊勢うどんも迷ったけど、うどんはコシがあるのが好きなので今回は食べるのを止めておいた。
とにかく1日に何度も食べるので、うどんを食べるとお腹いっぱいで別の物が食べられなくなりそうだったのも躊躇した理由。


観光地ナイズされた横丁や通りではあったけれど、今まで行った場所の中でもとてもサービスが行き届いていた感じ。市バス&臨時バスについても関わる人達がとても積極的なサービス精神を持っていて行動していた印象。
基本的にはのんびりした気質の土地だなと思ったけど。

ゴミ箱がなかなか見つからずに持ち歩いてたら、お酒屋さんがゴミだけを引き取ってくれた。
あまりにも自然で感じが良くて、お店に入ったら見かけないお酒があった。
購入してホテルで飲んだ。飲みやすかったなー。
伊勢料理⑥

3月があまりにもあっという間に過ぎたから、凄く遠い思い出に感じる。
この3月みたいな月もあるから、行ける時には行動しておかなきゃ。

4月の小旅行も楽しみだー。
ホテルとJRチケットは予約済み。メインの夕食処も予約済み。
あとは観光ルートを詰めていくのと二回分の昼食を考えなきゃ。迷うなー。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさまランキング

読んでいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
更新の励みになります。

前の記事で、色々書き綴って改めて思った。
本当ダメなところが多い職場だ。
このまま居たら、自分までが毒されてしまいそうで怖い。
自分だけが被害者意識抱えているようなのも、今までの私と違って危機感を覚えている。

そんな思いつめた状況で、書き綴ってた。
転職エージェントやサイトにも連絡を取ってみたりした。

そしたら、人事異動発令。
チームを移動することに。
私だけでなく、部署間・グループ企業間で大きく動く様子。
私の入社前の秋の人事異動はさほど大きな動きがなかった分、この春の異動は大規模になったと聞く。

仕事内容は変わらないけれど、周囲の人間関係が変わる。
私と以前同じチームで、今度のチームへも同じく動く人もいるので少し安心できる。
直属上席が変わるけれど、その人にとっては初の責任ポジションだから
どういうチームカラーになるかも不明。
変化に戸惑う事になりそう。
少しずつ慣れていかなきゃな。

辞める事は一旦保留。エージェント担当者にもその旨を告げた。
感情を優先して、急いで決める事もない。
未経験の業種その経験を積むことだけでも、今の職場で働くことは意味があるとは思える。
辞める事ができる、と心の負担がちょっと軽くなった気がするから、もう少し頑張ってみよう。


分かりにくいけど、桜の樹。
東京では満開と聞くけれど、私の周囲ではまだまだ。開花宣言は済んでいるけど。
咲きだしたら、早いだろうな。
3月の空②

今日は久しぶりの平日休み。
3月は休日出勤も多かったから、本当に疲れてた。

ダイエットが失敗路線になりつつある(怖くて体重計に乗ってない)
これから春。薄着の季節になるのにーーーー。
太ってしまって出かけるのがちょっと億劫になるけど、桜の樹の様子を見に行こうかな。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさまランキング

読んでいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
更新の励みになります。

あんなことを書き綴ったまま、更新できず。
早く今の状況や心境などを書いておきたいけど、まずは春なのにまだかけていない冬旅行について。


なんとなく平成が終わる前に一度行っておきたかった場所。
ついでに立ち寄ることはあったけど、この県自体きちんと旅行するのは初めて。
伊勢神宮が目的だったので、行ったのは伊勢市のみ。
2泊は時間が余るかな、なんて思ってたけど全然。ゆったりのんびりするにはむしろ足りないくらい。

といっても、1日目は夕方到着だった為、ホテル&駅周辺を散策して終了。
食べたかったものをテイクアウトしたりして、のんびり。
2日目は朝早くから行動。

伊勢市駅
旅行中はあいにくの曇り空。実は全国的に雪or雨が降った日でもあったので、降ってないこと自体がラッキーだった。傘は荷物になるし、濡れて風邪もひきたくないし。
伊勢市駅


まずは、二見浦へ。
駅近ホテルにチェックインしてから、JRで二駅。目的地の二見興玉神社へ。
※古くより神宮参拝の前に二見浦の海水で心身を清める禊をする「浜参宮」という習わしがあり、現在でもまず神社に参拝し、お祓いを受けてから神宮へ向かう参拝者も多い

JR二見浦駅から徒歩15分くらい。
この時間がとても良い。知らない街を歩くのは楽しい。
高知などで観た太平洋と同じはずなのに、伊勢湾自体が初めてだから違う海にも感じてしまう。
二見浦
夫婦岩
夫婦岩
ここには猿田彦大神のお使いとされる二見蛙(無事にかえる、貸したものがかえる)がたくさん。
二見浦②

一旦、ホテルに戻って移動。

伊勢神宮・外宮(豊受大神宮)「正宮」
「静謐」という言葉がおそろしくピッタリな場所。
冬の乾いた空気感も凄くそれを際立たせていたように感じた。
P2110333
神社仏閣の独特の雰囲気が好きなので、割と隅々まで歩く。
ツアーの団体客は限られた時間の為か、「正宮」直行その後バスへ直帰してた。

外宮から内宮は離れているので、バス移動。
観光客にも分かりやすく、市バス&臨時バス運行されていて
乗り場にも迷わず、バス本数も満たされていて、初めての人にもとても親切だった。
※バスツアーの団体客も高齢の方が多いように思えて、それもあってのこのサービス力なのかな。


参道
こういう雰囲気が一番好き。贅沢で豊かな空間。
こういうのは日常生活ではどうしようもないから、足を運ばないとだな。
P2110341
十鈴川 御手洗場(みたらし)
心と身体を清める場所。寒かったけど皆、川の水を手にすくってた。
P2110338
川底に硬貨。立て看板にも注意書きがあり投げ入れは禁止。

それでも何となくご利益を期待しちゃうのか、神聖な場所だと思ってついつい、なんだろうか。

P2110340
伊勢神宮・内宮(皇大神宮)「正宮」
何となくだけど、皆緊張しているようにも思えた。
姿勢を正すような空気を皆が醸し出すような感じ。
こういう感じは他の神社仏閣ではそうそう見たことがなかった。
P2110347

猿田彦神社
内宮から徒歩圏内。
※すべてのことに先駆け、人々を良い方向へ導くと言われていることから「みちひらきの神様」としての信仰も集めています。
P2110355

10~20代の頃は、限られた時間で効率良く目的地を巡る・なるべく多くの場所に行く事を良しとしてきた感じがあったけれど、今は違うなと改めて実感。
二見浦→外宮→内宮→猿田彦神社→おはらい町&おかげ横丁(途中昼食なども摂っている)
これで朝早くからまるまる1日。
2泊の予定で良かった、1泊だったら途中で帰宅(電車時間)の事ばかり考えてたと思う。

普段の生活でいろいろ余裕がない分、旅行先ではゆったりしたかった。
行くことができて良かった。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさまランキング

読んでいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
更新の励みになります。

このページのトップヘ