かおを上げて歩きたい。

2018年
40代半ば。この春から実家から遠く離れた地で無職・バツイチの予定。
何も持っていないおひとりさま。
実家近くに引っ越す事を検討中。まだ何も決まってません。決めてません。
さて、これからどうなることやら。

4月 退職・離婚しました。
7月 引越しました。新しい街での生活が始まる。
9月 40代の就活で迷走。
10月 新しい仕事が始まる。未経験業種&職種で奮闘中。

2019年
1月 未経験の仕事での試用期間終了。気を引き締めて臨戦中。

想うこと書きだしたはずなのに、眠れなかった。
正確には寝ようとしたけど、寝付けなかった。
普段の私には考えられない。
腹痛もあった、下痢とかではなくてストレス性みたいな感じ。
考えても仕方がないことなのに、どうしようも心が落ち着かない。

・理由は理解できるけれど、行動が後手後手になりすぎた
・普段ほとんど関わらないのだから、もう少し両親の気持ちを慮ってほしかった
・それについて自覚してほしい

この気持ちにつきるなーと。
父と弟は話し合ったということだし、私は口出ししない。何も言わない。
直接連絡するなんて、ほんと偶にだし。

でも、でも、一番不甲斐なかったのは、自分の現状。

私が離婚してなくて、子どもがいて、家を建てていたら
そんな風には思わなかった。ここまで思いつめる事もなかった。
「私がいるから大丈夫でしょ」って言えたはず。

言えない私。去年、失くして何も持たない私には言えない(元々持っていなかったものもあるけど)
情けないなー。つくづく思った、情けない。

気軽な一人旅も途端に色褪せる。
何やってるんだろう。

大事な人を支えられる自分でいたい。
それには今、何をすればいいのかな。どう動くのが一番良いのだろう。
分からなくて、心がざわついたまま朝になってしまった。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさまランキング

読んでいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
更新の励みになります。

いつの頃からか、親には心配をかけたくなくてあまり本音を言わなくなった。
高齢にもなった親の愚痴を聞く立場に徹している。

離婚・引越・転職時にはとても心配をかけたし、親のありがたみが身に染みた。
だからこそ、今はいかなる報告も「大丈夫」「順調」「心配しないで」で通している。
もちろん、親だからこそ分かっていて報告を聞いてくれているところもあるのだろうけど。

先日、親から電話があった。
傷ついている親の言葉を聞くのは辛い。

ま、実弟がダメダメだっていう話。
一流企業勤務、3児の父で人生は順調そのもの。
ただ、飛行機+新幹線の距離に住んでいる為、両親とは年2回会えばいい方。
(弟の奥さんの実家近くに住んでいる為、両親は自分たちから会いにいくのはちょっと‥という感じ。距離がありすぎるのも理由)

で、弟は奥さんとその両親との話し合いの末、その実家近くに家を建て既に引越済みと。
その報告を年賀状で(引越しました葉書は無し)知らせてきた。
しかも、元旦には届かない年賀状で。

これに父が激怒というか、ショックが大きかったよう。
母も引越後と思われる時期に何度も贈り物をしていたのに、新しい住所も知らせてもらえなかったとショックを引きずってる状態。
贈り物に関しては、いつも届いて数日後にある弟奥さんからのSNSでの連絡で、届いたことを安心するのが常。
でも、そのお礼の中でも引越しには触れてなくて。
どうして、と酷くショックを受けてた。

ま、その後、実弟と父がちゃんと話をして、父としては消化不良ながらも納得したらしい。
母は「時間が経てば忘れるよー。今は夫婦でくだらないことを話して笑って暮らしてるよー」と強がってるのか、どうなのか、という感じ。

弟が、色々言うだろう(不要なアドバイス)父に報告をし難かったのは分かる。
→なまじ知識があるからメンドウクサイと私も思う。
弟奥さんが、弟が言ってるはずと思っていたことも自分の実家近くの場所に建てたことを言い難かったのも分かる。
→嫁の立場の経験があるから、とてもわかる。
引越のバタバタや年末のバタバタやその他の事情(私も分かってるけど仕方がない部分もある)で、なかなか報告できなかったことも理解できる。

でもなー。弟よ。
メンドウくさがったら、ダメなんだよ。
どんなに仕事が忙しくても、ちょっとした電話くらいできるはず。
分からなくもないけど、そこは頑張ってほしかったと思う。
言わないけどね。

結局、実弟たちは特に罪悪感を感じていない様子だし、このままだろうな。
けど、両親は心に引っかかったままなんだー。ショックを受けたことを自分たちで癒さなきゃならない。
それに実弟たちは加担しない。
遠くにいるまま。
遠く離れているから、関係が薄く鈍くなっているのも分かるんだ。
けど、どれだけショックだったか、せめて分かってほしいなと思う。


私だって、そんなにできた人じゃないけど。
弟たちがというよりも、親の弱々しい姿が胸に痛くて、こうして言葉を吐き出してる。
いつか笑い話になりますように。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさまランキング

読んでいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
更新の励みになります。

お出かけの醍醐味、食事!

神戸だし、気になるお店はたくさんある。
・せっかくだしワンプレートでない食事をしたい。
・ゆっくり落ち着いてくつろげる空間が良い。
・三ノ宮駅から近め。

ネットで探したのがここ。
『オリエンタルホテル』(公式HP
レストラン『メインダイニング バイ・ザ・ハウス・オブ・パシフィック
ランチ/THE CHEF¥2800(メニュー
※10%のサービス料が別途かかります。

アレルギーや苦手食材をちゃんと聞いてくださいます。
私にはアレルギーはないのですが、苦手な食材を伝えるとお料理を変えてくださいました。
ランチとは別にお酒(写真右上/赤い飲み物はサングリア)を注文。

ホテル17階から神戸の街を見ながら食事。
パンはお替りしました。
オリエンタルホテル①
紅ズワイガニと九条葱のパスタ。カラスミがかかってる。
ここ数年でベスト!自信を持って人にお勧めできる!
良く行くカフェのパスタランチも美味しいけど、やっぱり違うと思ってしまう味。
もっともっと食べたい、美味しかったー。
オリエンタルホテル②
メイン料理。付け合わせのマッシュポテトが絶品。
オリエンタルホテル③
デザート/バスク風チーズケーキ
※バスク風(高温で焼いて表面を焦がす。大人な味わいの苦味。ほろ苦さとチーズの濃厚さが特徴的)
美味しいー。濃厚さがたまりません。
オリエンタルホテル④

食事内容もサービス対応も雰囲気もさすがというところ。とても素敵でした。

ランチだけでなくてカフェのお店もたくさん調べていたのに、いざとなるとあまりお腹が空いてない。お店に行こうとどうしても思えなくて断念。
散々歩いたはずなのに。せっかくの神戸だったのに。
結局、気になるお店でパンをたくさん買い込んで(糖質制限ダイエットは放棄してます…)帰路に就く。
ま、こんなこともあるさ、と。
パンはめちゃくちゃ美味しかったー。さすが神戸。

初詣も参拝できたし、正月用に買い込んだままで読めていなかった本も読めたし、美味しい食事もできた。
2019年は神戸から。
仕事はまだまだ慣れないまま自分の担当案件を抱えたまま、あたふたしてる。
それでも、気分転換にちょっと遠出を楽しみに頑張りたいなー。

伊勢神宮とか名古屋方面、良いかも。興味出てきた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさまランキング

読んでいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
更新の励みになります。

このページのトップヘ