かおを上げて歩きたい。

2018年
40代半ば。何も持っていないおひとりさまになりました。
春 退職・離婚しました。
夏 引越しました。
秋 未経験業種&職種での仕事を始めました。

2019年
基本ぼっちの生活で過ごしてます。
冬 正式雇用で気持ちを引き締めて頑張ってます。
春 人事異動で周囲環境が変わりました。
夏 諸々に疲れ果て、泥のように過ごしました。
秋 職場では表面上は問題が無いように装ってます。

2020年
周囲に壁を作っていると自覚しています。
冬 今後を考えつつ動けないでいます。

あけましておめでとうございます。

当ブログを読んでくださってありがとうございます。
今年もここで本音を綴り、気持ちの整理をして行動に移して
少しでも自分の思う明日の自分に近づきたいです。
自分の性格を反映した回りくどい、読みにくい文章をさらけ出しているのは
恥ずかしい反面、吐き出す事でストレスが軽減されて救われています。

休みがちになっていますが、無理ないようにブログを楽しみつつ続けたいと思っています。

今年もよろしくお願いいたします。
--------------------------------------

2020年元旦のいつもの樹。
2020年1月の樹①
いつもの桜の樹。
逆光だけどこの角度からの見るのが好き。
春になって咲いたら、同じ角度で撮ろう(9月初旬の様子はコレ
2020年元旦の空
窓越しの元旦の陽(機上でなく単なる建物内)
2020年窓越しの陽
晴天の空を見ていてると、本当に気持ちが洗われる。
この穏やかな気持ちがずっと続きますように。

今年のお正月の花。
好きな花・色でかわいらしく。ラナンキュラスが大好き。
昨年はコレこの時と同じように凄く日が差す明るい部屋なのに写真にするととても暗くなって残念。
正月花②

どんな1年になるのかな。
どうかどうか、自分の事が今よりも好きになりますように。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさまランキング

読んでいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
更新の励みになります。

明日からは新年。
今年を振り返る。
ブログをやっててよかったと思えるのはこんな時。

去年2018年を「激動の年」だと。
今年2019年はどうだったかな、激しさやそれまでの苦しみは無かったけれど、いろいろな事に疲れてた。
そこから得たものや分かった事もあるけれど、基本ほとんど変わってない。
激動の次の停滞というか一進一退というか「沈黙の年」が一番妥当か。

・素直でカワイイ性格でいたい。
・行きつけを作って(食べ物屋さんとか習い事とか)新しい交友関係をつくりたい。
・ダイエットをもっと頑張りたい。
・仕事以外で時間を費やす何かを見つけたい。

うーん。どれもできていないな。
今までの交友関係は特にトラブルもないけど広がりもないし。

2020年やっぱり『ダイエット』が最優先事項だなぁ。
周囲の人をもっと大事にして、自分も大事にして、時間を大切に使っていけたらいいな。

今日 大晦日はやることやってちょっと時間ができた。
Amazonプライムにあると気が付いて、観た。

良かった。
一週間に一度、襟を正す時間。
知らない事に緊張もするけれど、その道を知っていく。
日常での迷いや焦りを抱えて
でも、茶道教室のあの空間と時間で、自分なりの答えを見つけだす。

躓いた時の主人公のモノローグの言葉。
「私は不器用で機転が利かない。だからここにも居場所がない」
それとは関係ない別エピソードのこの花についての先生の言葉。
「一年の内で一番寒い時に咲く花もあるのねぇ」
が身体の中に残っている。
茶室の掛け軸がその時々で変わって、それに書かれてある言葉や画も良かった。

忙しくて流れているだけではない、自分と向き合える時間。
そんな時間作らないとって思えた。
ずっと思ってる事だけど。

年の瀬のいつもの樹と空。
冬の冷たい乾いた空気と晴れた空が好き。
12月末の空

2020年は必ず新しい何かを始めよう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさまランキング

読んでいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
更新の励みになります。

新しい年になる前に自分の中で消化したい。
決して相手だけの問題ではなく、自分にも大いに問題がある事は重々承知。

その相手。
経済的にも安定した家族円満(オメデタイ事も多々あり)の一回り年上の女性。
職歴もスキル/資格も私より上。
だけど、職場では評価は私と同じくらいで扱いも同じ(根拠あり。本人も自覚発言あり)

私としては、職歴・年齢と経験の無さから当然教えてもらう立場だし、そういうスタンスでいる(慣れてきた分、曖昧になってるところは反省しなければ)

だけど、その人と本当に合わない。説明しようとすると上手く言葉にできないけれど。
・元々の仕事へのスタンスが違う
⇒私が神経質なところもあるから、時間をかけてキチンとしたいタイプ。相手は持ち場から離れたがり(他の人と話たがり)のところあり。それができるように効率的に動こうとするが…ちょっとできているのかと。私もできていない事あるけれど‥それを確実にしようとする姿勢が見えない。
・職場ではお互い様と言うけれど、日によっては強く糾弾する
⇒今の部署で一番雑だろうなという印象がある。本人は(年齢のせいで)よく見えていないとの発言多し。気が付いても皆そっと直しているが、誰かに偶に指摘されると「他の人も」と必ず言葉を続ける。
・一度何かが気になると、一日同じ事ばかり話している。
⇒内容は公私問わず。仕事に関しては(私に対しては)「教えてあげる」と・プライベートに関しては「家で〇〇があった」「△△買った」「◇◇が忙しくて大変(※楽しいに繋がる内容)」がループ。名何度かはまともに返事をしても、続くと正直うんざり。

これだけだったら、まあ対処できる。
一番困るのは「仕事への愚痴」「疲れた」を延々と垂れ流すのに、なんと本人はそんなに話していると自覚がない事。
まともに受け取っては、こちらが馬鹿をみてしまっている。
状況が異なるから、今回は・・・と思っても結局いつも「そんなこと言ってないよ」
と言って、仕事を理由に聞かないふりをすると「あ、何か集中してる」
感情的に浮き沈みが激しく、「上司に怒られるかもしれない不安」「上司の態度が他の人と違う事への焦燥感」があると、「私・・・・・」「もう・・・」と涙目での仕事が続き、「鬱の経験があるから」「承認要求が強くて」と延々。

自分の事ばかり。
こちらが話す事は聞いていない。
私が同じように仕事上の不安を話しても、軽く「そんなもの」で済まされる。
だから、ホンの軽めな愚痴で同調している。
そうすると「(私さんは愚痴がないのね)自分だけ怒られる。辛い」と。

面倒見が良い所もあるし、悪い人ではない。
だけど、時々発狂しそうになるくらい鬱陶しい。
他の人には分かってもらえない。
立場が近いから、お互いに言われる方の立場(下っ端)だから、言い合えるのもお互いだけ。
そんな関係性だからだとは思うけど。

結局、自分がどう動くかであることは分かっている。
私にダメなところがあるから、こうなるんだ。
私自身も変わらなきゃ。
だって、私は離婚経験者で相手はそうじゃない。
だから私の方に問題があるのか、とも思えてきて凹む。

本当はお互いに良い精神状態で仕事がしたい。
信頼関係を持って接して、笑っていたい。





好きなイラストレーターの森下えみこさんの漫画だから、とても読みやすくて。
今の愛読書。
周囲の人とはお互いにしあわせでいたい。
この記事を笑い飛ばせるようになりたい。


11月のいつもの樹。
11月中旬の樹③
11月の夕暮れ。
11月上旬の夕暮れ


年末までのこの時期が好き。
掃除や諸々のやるべき事はほぼ済んでいる。
あとは正月用の飾りと買い出しだけ。
心穏やかに過ごしたい。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさまランキング

読んでいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
更新の励みになります。

このページのトップヘ